超硬接合に使われるろう付け加工と溶接の違いとは?製品に合わせた溶接方法を選択することが大切

ホーム » コラム一覧 » 超硬接合に使われるろう付け加工と溶接の違いとは?製品に合わせた溶接方法を選択することが大切

ろう付けは溶接の技術です。しかし、具体的に何をして、どういった役割を担っているのか、製品化された加工物を見てもわかる方は少ないでしょう。こちらでは、ろう付けに関する基礎知識はもちろん、ほかの溶接の方法との具体的な違いについてもご紹介していきます。

ろう付けとは?

溶接中の溶接棒と製品

ろう付けとは、ろう接と呼ばれる溶接技術の一つです。結合すべき2つの母材の間を、ろうを溶かして落とし、毛細管現象によって浸透・拡散させた後に冷却して凝固させる接合法です。融点が母材より低くなければ行うことのできないろう付けですが、超硬の現場ではよく活用されています。

ろう付けを活用することで、ろう材を一種の接着剤代わりにして接合することができるので、母材となる材料を傷つけることがありません。同じ金属や、さらには異なった金属同士の接合に利用されます。シルバーアクセサリーの接合や、パイプの接合にも用いられる技術です。物体同士を接合する方法には、ろう材を接着剤代わりにする方法以外にも、ナットとボルトで固定する方法や溶かした金属によって接合する方法などがあります。

しかし、超硬合金はねじなどで機械的に取り付けるか、ろう付けで接合する必要があるのです。

ろう接は、現在取り扱われている多彩な接合方法の中でも、最も古い冶金と呼ばれる接合技術です。エジプト期の文化遺産で用いられている接合方法だということがわかっているだけでなく、日本では奈良の大仏の建立にも、ろう付けは用いられていることがわかっています。

ろう接技術を磨き、より高度な製品加工に取り入れることで、さらに頑丈で形の変わりにくい加工物を生み出すことができるのです。

ろう付けとほかの溶接の違い

ろう付けは溶接技術の一つですが、はんだ付けやアーク溶接などの溶接技術とはどのように異なるのでしょうか。

ろう付けとはんだ付けの違い

鉄骨を溶接する男性

ろう付けとはんだ付けの違いは使用するろう材にあります。融点450℃以上の硬ろうを用いるものをろう付け、融点450℃未満の軟ろうを用いるものがはんだ付けです。

450℃でろう付けとはんだ付けにわけていることに物理的な意味はありませんが、450℃近くを液相線温度とするろう材やはんだが少なかったため、このようにわけています。

ろう付けとアーク溶接の違い

ろう付けは母材を溶かさずに、加熱したろう材で接合するため、寸法変化や歪みが起きにくいのが特徴です。一方、アーク溶接は母材そのものを高温で溶かして接合します。そのため、母材が溶けた分だけ寸法が変化しやすく、歪みやすくなっています。

溶接方法の違いによって、対応できる製品や加工、材料が異なってきます。根本的な部分が異なるため、それぞれ向き不向きがあるのです。また、加熱の際の道具も、ろう付けとはんだ付け、アーク溶接では異なります。はんだ付けの場合は、はんだごてと呼ばれる特殊な道具が必要なのに対し、ろう付けの場合はガスバーナーや工業炉が必要となります。アーク溶接では溶接機や溶接棒を使用します。

また、ろうの場合は液相化する温度が高いこともあり、金属同士がより強固に固着される傾向にあります。そのため、接合強度ははんだよりもろうの方が強いです。

超硬加工においては、超硬合金をはじめとした、様々な金属が加工されます。その場合、より強度な接着を行うろう付けがおすすめです。ろう付けに関する質問やろう付けを行って加工された超硬製品などについては、ぜひプロテクノ堺へお問い合わせください。

超硬ろう付け加工の製品製造はプロテクノ堺へ

ろう付けは、金属と金属を溶接する方法の一つで、古くからある技術です。超硬合金などを接合することができるので、工場などでも広く使われています。高い技術を持っている職人が使う技術でもありますが、近年では一般的にも使用されることのある溶接方法です。超硬ろう付け加工の製品製造は、プロテクノ堺へお任せください。

有限会社プロテクノ堺

超硬・セラミック・PCD
耐摩耗素材の精密加工部品・治具についての


お問い合わせはこちら
TEL:072-275-8850 



FAX:072-275-8851
MAIL:pro.techno.sakai@nifty.com

超硬メーカー仕入で多くの工法提案が実現!
セラミック精密加工製品の依頼ならプロテクノ堺

会社名有限会社プロテクノ堺
ProtechnoSAKAI
設立年月日2004年10月
住所〒599-8275 大阪府堺市中区東八田335−2
TEL072-275-8850
FAX072-275-8851
E-mailpro.techno.sakai@nifty.com
URLhttps://www.protechno-sakai.jp/
主要製品ソリッド用パーツフロントプレートPCDシュー
センターレスブレード超硬クイルバッキングプレート他
従業員数12名(2022年7月現在)